Skip to content

カテゴリー: 未分類

申し込みはネットが便利

業者からお金を借りるのが初めてという場合には、借金をすること自体の不安だけではなく、申し込み手続きも煩雑に感じるかも知れません。学生ローンの場合、学生でも簡単に申し込むことができるよう配慮がなされています。また、今では、必ずと言って良いほどインターネットからの申し込みが可能となっています。したがって、手続きをするために掛かる時間などの負担も軽くて済みます。

ネット申し込みは申し込みフォームが用意されていることがほとんどで、簡単な入力だけで申し込みが可能です。申し込みだけならば、24時間、365日いつでも行うことができるでしょう。申し込んだあとは、審査や必要書類の送付などが行われます。各業者の営業時間にもよりますが、営業時間内であれば同日中に審査~融資まで行ってくれるところもあります。
お金の計算

初めて学生ローンを利用するにあたっては、借入金額の設定に気を配ることが大切です。そのような場面では、せっかくなので、必要な金額よりも多めに借りておこうと考えてしまいがちです。また、必要以上の借入金額を希望し、その条件で審査に通れば、問題はないと考えるケースも多いようです。しかしながら、借りられるだけの金額を借りると、返済をする時にそれだけ重い負担が掛かって来ることとなります。そういった事情を踏まえた上で、借入額としては、返済可能な金額を設定することをおすすめします。特に、学生ローンの場合には、アルバイトによるそれほど多くない収入から返済することとなります。その点を考慮に入れて、借入金額はできるだけ低めに設定することが大切な条件となります。

また、利用契約前にネット上で返済シュミレーションをしてもらえる学生ローンもあります。自分の年収を入力し、利用予定金額と金利を入力することで、月々の返済額を計算してくれます。返済に自身がない人は契約前に一度シュミレーションを行って、返済生活をリアルに感じた方が良いかもしれません。

関連リンク|学生ローン「イー・キャンパス」
返済シュミレーションができる学生ローンのサイトです。

メリットと注意事項

学生商品名は学生ローンとなっていても、学生の間に利用を開始し、学校を卒業してからもそのまま借り入れをすることのできるものもあります。そのような商品の利点を活かし、学生ローンを長期間に渡って利用すれば、業者からの信用度が高くなり、金利の面で優遇されるなどのメリットが得られるかも知れません。

そのように、学生ローンと銘打っている商品でも、一時的な利用にとどまらず、長期間のマネープランに対応することも可能と言えるでしょう。とは言うものの、長い間お金を借り続けることには、それなりのリスクがともなうのも確かです。したがって、長い期間に渡って学生ローンを利用するに際しては、利用目的やお金の使い道をあらかじめ明確にしておく必要があります。

また、消費者金融の取り扱う商品は、満20歳以上の年齢に達していないと申し込みをすることができません。その一方で、学生ローンの場合、18歳以上でも申し込み可能なものも存在します。また、高校生では学生ローンを利用することはできませんが、大学や専門学校など、通っている学校の種類は問わない場合も多くなっています。したがって、それらの事柄に無用な不安を抱かずに、利用する金融商品を探すと良いでしょう。

消費者金融との違い

金融商品の中で、学生ローンという名称のものと、消費者金融のカードローンやキャッシングとの違いが分からないという人も見受けられます。これらはいずれも、消費者金融に分類される貸金業者が取り扱う商品です。したがって、当然ながら貸金業法の適用を受けることとなり、総量規制の対象となるなどの共通点もあります。

円マークとは言うものの、それらの商品には、相違点も存在します。例えば、学生ローンの場合、その名称からも察しがつくように、学生の利用しやすい環境が整っている商品と言えるでしょう。消費者金融のカードローンと比較して、勤務日数などの審査基準が少々緩やかに設定されているところもあります。また、審査に際して、在籍確認などがない学生ローンも多く存在します。

しかしながら、それらのメリットがある分だけ、融資限度額は低めに設定される傾向があります。学生ローンの中には、年収に関わらず、10万円という限度額が設定されている商品も存在します。したがって、学生ローンの融資限度額に不満がある場合には、利用する金融所品を再検討することをおすすめします。なお、学生ローンという名称の商品でも、利用期間が学生の間だけに限定されていないものも存在します。

学生ローンの関連情報

世にある金融商品の内、学生ローンも、消費者金融のカードローン・キャッシングも、消費者金融に分類される業者が扱う商品です。とは言え、消費者金融の商品と比べると、学生ローンは、学生にとって利用しやすいものと言えるでしょう。しかし、その分だけ借入可能な金額は低めになる傾向にあります。よって、学生ローンの借入金額に不満がある場合、他の商品の利用を検討しましょう。また、学生ローンという名称でも、利用期間が学生の間だけに限定されない商品もあります。
お金が逃げていく

そのような商品の利点を活かし、長期間の利用をすれば、金利が低く設定されるなどのメリットが出て来る可能性もあります。また、消費者金融の場合、満20歳以上でないと申し込みができませんが、学生ローンの場合、18歳以上でも申し込みが可能な場合もあります

次に、学生ローンの利用が初めてという場合、借入金額をいくらに設定するかは重要な問題となります。そうしたシーンでは、せっかくだからと多めの金額を借りるのではなく、返済可能な金額を設定することをおすすめします。特に、学生ローンの場合、アルバイトの収入で返済することを踏まえ、とにかく低めの借入額を設定することが大切です。

このカテゴリーでは、学生ローンに関するさまざまな情報をお届けしてまいります。学生という立場で、業者からお金を借りる必要性に迫られている方は、チェックして、実際の生活シーンで役立てていただければ幸いです。