Skip to content

メリットと注意事項


学生商品名は学生ローンとなっていても、学生の間に利用を開始し、学校を卒業してからもそのまま借り入れをすることのできるものもあります。そのような商品の利点を活かし、学生ローンを長期間に渡って利用すれば、業者からの信用度が高くなり、金利の面で優遇されるなどのメリットが得られるかも知れません。

そのように、学生ローンと銘打っている商品でも、一時的な利用にとどまらず、長期間のマネープランに対応することも可能と言えるでしょう。とは言うものの、長い間お金を借り続けることには、それなりのリスクがともなうのも確かです。したがって、長い期間に渡って学生ローンを利用するに際しては、利用目的やお金の使い道をあらかじめ明確にしておく必要があります。

また、消費者金融の取り扱う商品は、満20歳以上の年齢に達していないと申し込みをすることができません。その一方で、学生ローンの場合、18歳以上でも申し込み可能なものも存在します。また、高校生では学生ローンを利用することはできませんが、大学や専門学校など、通っている学校の種類は問わない場合も多くなっています。したがって、それらの事柄に無用な不安を抱かずに、利用する金融商品を探すと良いでしょう。